通信速度とは

通信速度とは

インターネットなどの通信回線において、単位時間あたりで送受信できるデータ量を通信速度と呼ぶ。通信速度が速ければ速いほど、短い時間で多くのデータを送受信できることになる。

パソコンやスマートフォンのデータ量を示す単位がバイト(Byte)・キロバイト(KB)・メガバイト(MB)・ギガバイト(GB)なのに対し、インターネットなどの通信速度の単位はビット毎秒(bit)・キロビット毎秒(Kbps)・メガビット毎秒(Mbps)・ギガビット毎秒(Gbps)であらわされる。

たとえば100Mbpsとは、1秒間に100メガビットのデータ容量を送受信できることを示す。そして○ビットは○バイトの1/8の容量をさす。たとえば1MBのデータ容量を1秒で送信するには、1×8で8Mbpsの通信速度が必要ということになる。

ちなみにインターネットの通信速度は、「最大通信速度」で表現されることがほとんど。それは、通信回線の混雑具合や間に挟まる各種通信機器(ルーター・モデム・さらにはパソコン・スマホ)の品質などに影響され、理論上の通信速度が出ないため。「理論値としては最大でこのくらいの通信速度がでますよ」ということで「最大通信速度」で表現される。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする