速度制限とは?

速度制限とは?【英名:Speed limit】

モバイル通信において、大多数のユーザーと比較し突出して膨大なデータ通信量を消費する一部ユーザーの通信を制限することで帯域の混雑を予防し、全てのユーザーが公平にサービスを使えるように設定されたルールのこと。この制限の際に、通信速度を低速化するために「速度制限」と呼ばれる。

一般的に多くのモバイル通信では、高速な通信が使える月間のデータ通信量が契約ごとに決められており、そのデータ通信量を超えて通信をしようとすると、月末まで速度制限が実行される。制限時の通信速度はサービスによって異なるが、その多くは最大128Kbps・最大256Kbpsという低速な通信となる。仮にこの通信速度になると、動画の再生やビデオ通話など多くの通信が行なえなくなってしまう。通信速度を解除するためには、割高な追加料金を支払って、データ通信量を購入する必要がある。

また月間のデータ通信量の上限がないモバイル通信サービスでも、速度制限のルールが存在する場合がほとんどなので注意が必要。たとえば、WiMAX2+やワイモバイルの月間のデータ通信量無制限のプランでは、3日間で消費するデータ通信量によって速度制限が行なわれる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする