ギガバイトとは

ギガバイトとは

パソコンやスマートフォンなどのデータ量を表す際の単位の1つ。この場合のデータ量の単位は、1,024倍で1つ上へあがる。具体的には、バイト・キロバイト・メガバイト・ギガバイトと単位があがるが、たとえば1ギカバイト(GB)は、1,024メガバイト(MB)に値する。

バイト・キロバイト・メカバイト・ギガバイトという単位の中でも、ギガバイトはパソコンやスマートフォンのデータ保存容量、またはスマートフォンやポケットWi-Fiなどのプランのデータ通信量でもよく使われるため、パソコンやスマートフォンにあまりくわしくない初心者の方でもなじみ深いだろう。

ちなみに、メールやLINEのテキストのみのメッセージ場合は数キロバイト、スマホやデジカメで撮影した画像は数メガバイト、数十分程度の動画でもたいていは1ギガバイトを超えることはない。このように、ギガバイトとはデータ通信量の単位の中でも、非常に大きな単位といえる。

パソコンやスマートフォンなどのデータ保存容量を検討する際、スマートフォン契約などのデータ通信量を検討する際は、こういったおおよそのイメージをもっておくと、自分にあった製品やプランをえらびやすい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする