MVNOとは

MVNOとは【読み方:エムブイエムオー】

かつてモバイル通信サービスは、自社で回線を運営する業者しか提供できなかった。そのため競争が起きにくく、ユーザーにとって使いやすい料金にならないことも。そこで法改正などにより、登場したのがMVNO。Mobile Virtual Network Operatorの略で、日本語では、仮想移動体通信事業者と書く。

自社で回線を運営する必要のあるそれまでのモバイル通信サービス提供者と異なり、MVNOは回線を既存の事業者から借りてサービス提供することができる。

自分で回線を運用する必要のないMVNOは、それまでより低価格に、かつ独自の付加価値をつけてモバイル通信サービスを展開するようになった。それにより、ユーザーにとって使いやすいサービスがいくつも登場。ここ数年でユーザー数を伸ばしている格安SIMも、MVNOによるサービスである。

2016年12月の時点では、日本全国のMVNOの数は600社以上に拡大。各社共に多彩なサービスを展開している。MVNOのおかけで、モバイル通信はユーザーにとって使いやすいサービスになった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする