アプリとは

アプリとは

アプリケーションソフトの略で、特定の目的を実現するために作られたソフトウェアのことをさす。

アプリとは何かを考えるときは、対となるWindowsやAndroid・iOSなどのOS(オペレーションシステム)との比較をみてみると分かりやすい。OSはパソコンやスマホを動かす(起動・終了・さまざまなアプリの制御など)のに必須となる土台となるソフトウェアである。たいしてアプリは、OSの上で個別の役割を果たす。

ゲームのような遊び目的のアプリから、ワープロ・表計算のような仕事のためのアプリ
カレンダー・電卓など日常的に利用するアプリなどなど、例をあげてみるとそれぞれ目的があって作られたソフトウェアであることが分かるだろう。これらは、Windows・Android・iOSといったOSにインストールして使う。

ちなみに今やパソコンやスマホ用語としてよく使われるインストールは英語の単語で、直訳すると「(装置などを)取り付ける」という」という意味。たとえば「Install air conditioner」と言えば「エアコンを取り付ける」という意味になる。

つまり「土台となるOSに取り付けて使う」のがアプリ(アプリケーションソフト)ということだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする